日本経済の未来に不透明感が有り、その不安から成長が感じられるアジアの不動産に投資される方が増加しています。
シンガポール、マレーシアなどの投資もありますが国により政策、制度も異なるためその中でもっとも魅力の高いフィリピンが注目されています。
急成長が期待される国の1つで、経済成長率の目安となるGDP成長率も6%を超えリーマンショックがあった年を除き推移し続けています。
経済成長率と不動産価格は比例すると考えられており成長率の安定が見込めると同時に、不動産価格も安定的に上昇すると予想されています。
不動産投資する理由として、東京都心で6000万円以上する物件をその価格の20%程で購入する事ができ非常にリーズナブルに物件を購入する事ができます。
日本より割安で購入した物件が、投資資産価値を高めるため魅力の1つとされています。
また、外国人が他の国でビザを取ることを考えてみると、フィリピンの移民ビザは取得しやすい事や取得する事により高いコストパフォーマンスで不動産投資できるようになります。
ビザを取得しない方法もあります。
今は日本でもたくさんの仲介業者があり、初心者の方も安心して始める事ができます。
フィリピン不動産投資を通して、定年後の安定な利益の確保、老後の移住、ビジネス様々な目的が有りそれに向かい挑戦する事が人生の大きな一歩になると思います。