去年、弟が結婚しました。
ものすごく大きな結婚式ではありませんでしたが、友人、親戚、会社の方とたくさんの方が披露宴に出席してくださいました。
弟たちはあえて友人たちからの余興を頼まずに、みんなに式を楽しんでもらうというスタンスで進行していました。
その中で、一番盛り上がったのがムービー上映です。
お互いに生まれた時の写真を出して、どこでどんな生活を送っていたかを上映し、そこから大学時代に出会うまでの物語に両親は感動していました。
まだ歩くこともできなかった時代から弟を知っている親からしたら、感慨深いものがあったのでしょう。
母の目には涙が浮かんでいました。
大学で、2人が出会いそれから社会人となり結婚に至るまでの歴史が凝縮されたムービーでした。
他の出席者の方も楽しそうでした。
披露宴の合間にこのようなムービーを上映するのはかなり効果があるようで、そのあとの宴のムードも和やかになりました。
何より良かったのは、その映像を後日見ることができる点です。
弟夫婦は挙式後、両親にその映像をプレゼントしていました。
今でも実家に大切に保管されています。
彼らに子供が生まれた時にこの映像を見せたら、子供は喜ぶだろうなと思いました。
挙式後も映像は思い出になるので、私がする時もしてみたいです。
演出映像メモリィズ|ブライダル・ウェディングフォト、結婚写真のレクエルド