新しく始まるガスの小売自由化によって、経済競争が起きます。
これまでは、安定供給を確保するために、地域ごとに供給会社が決まっていました。
そして、保全業務もその同じ会社が行なっていました。
しかし、2017年4月からは、供給業者に多数の会社が参入します。
その結果、競争原理が働き、消費者にとって有利な選択肢を増やそうというのが、この新制度の趣旨です。
しかし、今までは安定供給のために業者を制限していたのに、これを変更して大丈夫なのでしょうか。
この新制度においても、保全業務は既存の会社が受け持ちます。
つまり、それによって安定供給を確保しようということです。
消費者の側としては、保全は今までと同じ会社が受け持ってくれますので、安心です。
ですので、問題はどの会社からガスを購入するかだけです。
既存のガス会社は、これからは販売も競争しなければなりません。
そのため、そのまま契約していても、料金が引き下げられたりすることも、充分ありえます。
つまり、消費者の側としては、購入する会社を変えないということも一つの選択肢です。
ですので、あせらず情報を集めながら検討してみましょう。
そうすることで、賢い選択ができるはずです。