健康維持のためにサプリメントを飲みたいけれども、せっかく飲むのであれば体に安全な品質のものを選びたいものです。
てまひま堂のにんにく卵黄は、たとえ原価が高くなっても良いものをつくりたいという思いから生まれた製品です。
にんにく卵黄に使われる卵黄は宮崎県霧島山麓の「たまご牧場」の有精卵で、ミネラルたっぷりの餌を食べて天然の水を飲んで育った鶏から産まれています。
たまご牧場では薬品や抗生物質は一切使われておらず、広い運動場を散歩するなど自然の中でのびのびと育てられた鶏の卵には栄養素もタップリつまっています。
卵にはコリンアセチルコリン、カルシウム、9種類の必須アミノ酸、バリン、ロイシン、リゾチーム、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれています。

また、品質へのこだわりも高く工場ではISO9001とGMPを取得しています。
GMPは品質の低下やミスを防止するためのガイドラインで、医療品などに使われています。
てまひま堂ではGMPをハードとソフトにわけ、ハード面では間違いや汚染を防ぐために部屋のレイアウトや内外装材、空調システムなど詳細に設計されています。
ソフト面では計画、実施、評価、処置の仕組みを文書にし、手順に沿った作業実施を記録しています。
そのような高い基準でつくられたにんにく卵黄は安全で安心の製品ですからぜひ毎日飲んでみてください。