貴金属と宝石以外から作られたものをコスチュームジュエリーと呼びます。
コスチュームジュエリーの言葉が日本で使われだしたのは最近ですが実は100年以上前に存在はしていました。
1920年頃にファッション界の先駆者だったココ・シャネルが高い宝石をつけることよりも洋服に合わせたジュエリーをつけることの大切さを発した時にはすでにあらゆる階層の女性にコスチュームジュエリーは受け入れられていたとみて間違いないでしょう。
コスチュームジュエリーには色やデザインそして素材にも特に制約といったものがなかったのでデザイナーや製造者は自由な発想で時代の流行にマッチしたデザインのものを創り出すことができたのです。
1950年から1960年代に創られたものをヴィンテージと呼び今では創ることのできない貴重な物となっています。