梅毒という性病にかかってしまうと徐々に症状が進行して行きます。
感染してから3週間から3か月までの間は、梅毒の菌が入った場所がしこりのような腫れが現れます。
しかし、このしこりに関してはそのまま放置していても消えてしまいます。
女性の場合には、小陰唇などにグリグリしたしこりができ、男性の場合には、亀頭や亀頭冠状溝にしこりができます。
その後で太ももの付け根などのリンパ節が腫れるなどの症状が現れますが、基本的には痛みは伴わずにそのまま自然に消えていきます。


梅毒に感染してから3か月から3年位の期間になると、徐々に梅毒の病原菌が血液に入り込んで行き、全身に梅毒の病原菌が広がってしまいます。
身体中の皮膚であったり粘膜などに発疹ができるケースもあります。
この時の発疹は、バラ疹と呼ばれる赤い斑点のような発疹ですが、しこりと同様に痛みもかゆみも有りません。
梅毒、性病が気になったら自宅で郵送検査キット 楽々確認術


3年から10年が経過すると、皮下組織に大きめのしこりが出来始めます。
これは、結節性梅毒疹やゴム腫などと言われる物で皮膚や内臓で梅毒の症状が進行している証明になります。
10年以上も放置してしまうと心臓や血管、神経、目などに重い障害が現れます。
しかし、梅毒という性病は、早目に抗生物質を服用すれば完治しますので、性病検査キット 楽々確認術などで紹介されている性病検査キットなどを参考に検査してみてください。