立て込んでいた仕事が一区切りつきそうだったある日、無性に美味しいものが食べたくなり、2度ほど言ったことがあった、麻布十番にあるかどわきさんに足を運んでみました。
念のため伺う3時間ほど前に予約をしたところ、平日だったこともあり、すんなり予約することが出来ました。
残りの仕事を片付け、浮き足立ちながら向かいました。
黒塀の厳かな雰囲気の門構えは、いつ来ても身が引き締まります。
一人で来店するのは初めてだったので、多少緊張していました。
入店して、女将さんが笑顔で迎えてくれ、カウンター席へ通されました。
店主の料理パフォーマンスを堪能しつつ、生ビールを頂きました。
予約の際におまかせコースをお願いしたので、あまり待つことなく次々と料理が運ばれてきました。
和の心を感じる一品一品をじっくり味わっていると、ついお酒も進みます。
新鮮な魚を使ったお造りや、組み合わせの発送にいつも感心する創作料理など、ぺろりと完食してしまいました。
最後は名物のトリュフご飯をお腹いっぱいに食べて、本当に大満足でした。
日頃の仕事の疲れも吹っ飛ぶような贅沢な料理に、また頑張ろうと思うことが出来、このタイミングで来店できて本当によかったと思っています。